早漏の原因が脳の興奮によるものならプリリジー

脳の興奮が原因で早漏ならプリリジーを服用することを勧める男性 世界で初めて早漏の治療を専門として開発された内服薬。それがプリリジーです。
プリリジーはヨーロッパやアジアを含めた全60ヵ国で現在も使用され、安全性も確認されていて、多くの国で早漏治療薬の代名詞として認識されています。
大々的に行われた実験で、プリリジーは使用を継続する事で使用者の内の72%の方が早漏が改善された事を実感しているという結果が出ています。
プリリジーを飲むことで持続時間が長くなるのですが、これは快感が抑えられているわけではなく、気持ちのいい状態が普段より長く続くという状態になります。
早漏の原因はいくつか種類があるのですが、その中でも自律神経の影響によって発生してしまうという場合が多いです。
プリリジーの有効成分であるダポキセチンはこの自律神経の活動を制御するので、服用した場合、通常時の約3倍ほどの持続時間の伸びが期待できるのです。
飲み方としては性行為に入る一時間ほどの前に多めの水で一錠服用するだけです。
錠剤のタイプとして30mg・60mgという二つのタイプがあるのですが、一日の最大服用量は60mgが一錠までとなっていますので、注意しましょう。
またプリリジーはED回復薬であるシアリスやバイアグラなどと同時に服用する事が可能なので、早漏である事と同時に勃起力に不安がある方にとっても使用しやすい薬剤になっています。
プリリジーも薬なので、副作用は存在します。
発生する症状としては、めまい・頭痛・吐き気・下痢などが挙げられます。
しかし、発生率は多く見積もっても約10%と少なく、この副作用の発生の少なさから、プリリジーを使用する方が多いです。
副作用が発生しやすくなる原因になるため、用量・用法を守らなかったり、アルコールでの服用などしないようにしましょう。

プリリジー服用について彼女には言わないほうがいい

プリリジーを服用していることを彼女に言うか悩む男性 プリリジーを服用していることは、彼女に話す必要はありません。
話さなくても迷惑をかけることはないですし、話してもメリットがあるわけではありません。
男性が早漏であることは、男性自身よりも女性が気づいています。
女性は男性よりも絶頂に達するまでに時間がかかるので、男性が射精をして満足していても、女性は不満を抱えていることも多いのです。
男性以上に早漏には敏感であり、射精時間という証拠がある以上は嘘のつきようもありません。
1分で射精している状態で、自分は早漏ではないと言っても説得力はありません。

男性の多くは、プリリジーの服用を内緒にしたいと考えています。
男性はプライドが非常に強いため、早漏だと自覚していても女性に対して言いにくいのです。
またプリリジーなどの薬を服用して治療していることも言い出せない方が多いですが、これは話しても意味のないことです。
ただ、女性側としては持続時間が大幅に延びることで、何か対策をしたのだと気づいてしまうことはあるでしょう。
女性側から聞かれた場合は、そのまま話すとよいです。
嘘をついてもバレる可能性がありますし、何より嘘をつくメリットはありません。

プリリジーを服用しようか迷っている場合は、彼女に相談してみるのもいいでしょう。
女性は男性の早漏に確実に気づいていますが、告白することで気持ちが楽になるはずです。
セックスとはパートナーとの行為なので、悩みがあるなら二人で話し合って解決していくのが好ましいです。
相談することで彼女からよい解決策やアドバイスをもらえることもあるでしょう。
男性側が何も話さないと、女性としても遠慮してアドバイスをしにくいものです。
彼女に早漏の悩みを無理に話す必要はありませんが、話せるなら話しておいたほうがいいと言えます。

男子必見記事一覧