カントン包茎の早漏は抑制剤のプリリジーより手術を

カントン包茎というのは放置をしておくと、亀頭が締め付けられてしまって壊死してしまう恐れもあるのですぐに手術をすることが大切です。
重度のものであれば保険適応もされるので、費用の負担も少なく済むため金銭的な心配もしなくて済みます。

しかし、手術が怖いと感じてなかなか踏み切れない人もいることでしょうがこのような重度な包茎というのは、様々な悪影響が出るのでどちらにしても早めに手を打つ必要があります。
男性にとって大きな悩みである早漏も包茎だとなりやすいものとなり、普段は亀頭が露出をしていないことによって刺激に不慣れで性行為の際の刺激ですぐに射精をしてしまうということも多いものです。
そのような時に精神的な昂ぶりを抑えて早く射精をするのを防ぐ抑制剤のプリリジーといったものを使ってみようかと考える人もいるものですが、原因をそのままにしておいてはいくらプリリジーを使ってみても効果がイマイチなものとなってしまいますから、まずは包茎の手術から行うことが大切なことになるのです。

全ての包茎が手術が必要かというとそのようなことはなく、むしろ見た目の問題さえ除けばほとんどの包茎は実生活に支障が出るようなものではありません。
しかし、カントン包茎のように重度なものを放置しておくのはいいことではありませんし、カントン包茎によって早漏が引き起こされている時にはプリリジーを服用するよりもまずは手術をしたほうが根本的な解決になりますから優先順位をはっきりさせる必要があります。
プリリジーは早漏の原因がはっきりしている場合には、まずはそちらを改善してその結果としてその駄目であればプリリジーを服用するという使い方が基本となるのです。

男子必見記事一覧