プリリジーで早漏を解消すると感度は弱くなる?

プリリジーで早漏を解消すると感度は弱くなるのでは、と悩む男性
プリリジーは飲むだけで早漏を解消できる画期的な医薬品ですが、感度を100%維持できるわけではありません。
脳の興奮を適度に抑制するので、感度はやや落ちると考えていいでしょう。
ただし、陰茎にそのまま塗りこむタイプの薬と比べると、自然な挿入状態に近いと言えます。
効果の感じ方には個人差はあり、プリリジーを服用しても感度はほぼ変わらないという方もいます。
また臭いに対して敏感になる方が多いですが、これはプリリジーの副作用によるものです。
女性の陰茎の臭いが強く感じられるようになるので、一部に抵抗を覚える男性もいます。

プリリジーは過敏性・衰退性の早漏のいずれにも効果的で、ほとんどの方は正常な持続時間まで解消できます。
1分で果ててしまうという男性も、プリリジーを服用したら5分以上持ったと話しているほどです。
一般的には持続時間は2~3倍になるとされますが、人によっては5倍以上に延びてくれます。
特に早く射精する方ほど、持続時間が大幅に延びる傾向があります。

セックスの感度が弱くなってしまう方は、自慰の回数を減らすなどして工夫しましょう。
早漏ではない方でも自慰の回数が多すぎると、感度が弱くなってセックスのときに遅漏になることがあります。
遅漏解消のためには自慰の頻度を減らすのが一番です。
セックスにおいては早漏も遅漏も好ましくないため、プリリジーと自慰により時間を調整していきましょう。
女性が満足するには7~10分は必要だと言われているので、これを目安にして持続時間を延ばしていきましょう。
またEDが持続時間に影響を及ぼしていることもあり、EDを解消することで早漏や遅漏が解消することもあります。
EDはセックスレスにつながる一番の原因なので、こちらも改善させていく必要があります。

男子必見記事一覧